WindowsからMacへ、iTunesライブラリの移行

古いMacBookを譲った人はこれまでWindowsを使ってたので、データをMacに移すことになり、そのお手伝い。

まあ普通のデータファイルなんかはWindowsのドキュメントからMacの書類へそのままコピー。写真はこれまで管理用のソフトはとくに使ってなかったみたいなので、iPhotoにまとめて入れてしまうことにした。

あとはiTunesのライブラリ。同じOSならitlファイルなどが含まれるiTunesのフォルダをそのままコピーするだけでプレイリストからレートまでちゃんと移行してくれますよね。じゃあWindows→Macではどうなのかなとやってみたら・・・完璧。OSは関係ないんですね。さすがクロスプラットフォームなソフト。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。