3Dプリントでお馴染みナイロン素材に昇華プリントしてみる

前回、PBTのキーキャップに転写して時雨ちゃんキーチェーンを作ってみた昇華インクの熱転写ですが、これを3Dプリントしたナイロン素材にやってみました。

Dye-Sub on 3D Printed Nylon (Strong & Flexible Plastic)

ナイロンに熱転写可能です。ナイロンに熱転写できます!

大事なことなので二回言いました。これはつまり、3Dプリントでキーキャップを作ったものにも熱転写できるということです。自作キーボードはキーキャップすらオリジナルで作れそうですね……むふふ。

DMM.makeのナイロン、Shapewaysで言うところのStrong & Flexible Plasticですが、出力しただけの状態だとザラザラなので、サンドペーパーをかけてから転写したほうが綺麗に出ると思います。上記の写真もサンドペーパーで仕上げてから転写したものです。キーキャップと違い真っ平らなので、印刷したみたいに綺麗に出ました。和菓子の軽羹かるかんみたいで美味しそうです。

ナイロンにサンドペーパーをかけたり、塗装した記事は下記を参照して下さい。

今回転写したのは艦これサークル「たまもち屋(@tama_mochi_ya)」さんのロゴになります。冬コミにて、たまもち屋さんの方で時雨ちゃんCherry MXキーチェーンを頒布予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありませんし、空欄で大丈夫です。っていうかコメント以外空欄で良いです。気軽にコメントして下さい。
Email won't be published. Or you can leave it blank. I mean you can leave everything blank but comment. Feel free to leave a comment, thanks.