Shapewaysでステンレス出力に挑戦! 超合金キーキャッピー製作中~♪

Shapewaysではですね、3D出力する時の素材もかなり豊富な種類から選ぶことができます。DMM.makeも選べるんですが、ナイロン以外はとんでもない額になってしまうのに比べ、Shapewaysは貴金属ですら割と現実的な額でプリントできるようになっていて、シルバーなんか既成品買うのより安いんじゃないのってくらいです。

というわけで、キーキャッピーちゃんの超合金化計画に着手いたしました。キーキャッピーちゃんをステンレススチールでプリント可能にして、ずっしりと重量感のあるキーホルダーにしたいと思います!

ステンレススチールで出力するにあたって、残念ながらナイロン用のモデルはそのまま使えません。素材によって造形精度が違うためで、ステンレススチールは若干大きくなってしまいます。精度の不要なアクセサリー類であれば問題ありませんが、キーキャッピーちゃんは命とも言えるCherry MX装着部分があります。少しでも大きく造形されてしまうと肝心のスイッチが入らなくなってしまうので、装着部分をほんの少し大きく作り直しました。一律で何mm大きくなるとわかれば簡単なのですが、モデルの形、部位によって大きくなる部分はマチマチなので、出力しては調整してのトライ&エラーを繰り返すしかありません。
その第一弾が到着したので写真でご紹介します。残念ながら失敗でしたが、見た目は超合金ダイキャスト!!って感じでめっちゃ豪華になりました😎

Stainless Steel Keycappie
じゃじゃーん! 超合金キーキャッピーちゃんです!

まあ、超合金っていうかステンレススチールですけど。写真ではお伝えできないのが悔しいところですが、ずっしりと来る重みが高級感あって最高です。子供の時にSDガンダムの限定版ダイキャストを手に入れたときと同じ喜びです。

もともとサイズが小さいキーキャッピーちゃんですが、問題なく出力されていますね。キーの大きさを見ていただければわかる通り、体は幅1cmくらいしかないにも関わらず出力に問題はありません。

こちら正確にはShapewaysのスチール素材のうち、”Stainless“という素材になります。他にPolishedな素材もあるので、これは特に磨かれていないはずですが、両足は周囲が映り込むくらいテカテカしてて綺麗ですね。逆に顔は凹凸の多い年季の入った金属感がまた良いです。

Stainless Steel Keycappie - Butt
キーキャッピーちゃんのチャームポイントであるお尻もこんなにテッカテカ! ナイロン素材と違って触れば触るほどテカテカが増しそうなので、どんどん撫でてあげたいお尻です!

Stainless Steel Keycappie - Side layers
3Dプリンタの宿命か、ステンレスでもやはり積層痕が出てしまいました。体の横に年輪のように浮き出てますね。ナイロンでも層は出るんですが、ステンレスは色が濃いのでくっきりと目立ってしまうようです。まあでも、模様も味と考えればこれはこれで♪

Stainless Steel Keycappie - Inside head
キーキャッピーちゃんの頭(Cherry MXの装着部分)。四方の壁が中央に行くほど膨らんでいるのがわかるでしょうか。これはレンズの歪みではなくてですね、ステンレススチールで出力したためにこうなってしまったようです。正確には膨らむというより、四隅が縮んでいます。残念ながら今回はスイッチを装着できませんでした。無理すれば入るんですが、キツすぎて取り出せなくなってしまいました。ステンレス用に大きめに修正したモデルでしたが、さらに大きく調整する必要があります。出力して確かめるしか無いのがなんとも歯がゆいですね。そして出力費と送料が痛い……。
ちなみに内部の文字は0.5mmで堀ってあるんですが、ナイロンよりくっきり出てびっくりしました。

Stainless Steel Keycappie and Nylon Keycappie
というわけで、キーキャッピーちゃん超合金化計画第一弾でした。残念ながら今回は失敗ということで、さらにモデルを調整してリベンジしたいと思います。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありませんし、空欄で大丈夫です。っていうかコメント以外空欄で良いです。気軽にコメントして下さい。
Email won't be published. Or you can leave it blank. I mean you can leave everything blank but comment. Feel free to leave a comment, thanks.