【ネタバレ感想】キングスマン:ゴールデンサークル、すっきりしないの一言。

ネタバレです。
見てない人はだめー。


前作はとにかくスタイリッシュ、中二病ガジェットのゴリ押しでエグい死に様すら笑って楽しめるくらいぶっ飛んでたので、今作も期待して観に行きました。

結果、惨敗です!
全然すっきりしない。胸糞映画だったなんて……

なんと言ってもクライマックスがですね……。アナルセックス好きジャンキーのクソ王女 どんなに欠点があっても可愛い彼女を救いたいエグジー達の前に立ちはだかるかつての仲間、ウィスキー。

俺は恋人をヤク中に殺された!ヤク中など滅びるべきだ!
ぼく「はー可哀想、それは仕方ないー」

避けられない闘い。エグジー達は卑怯にも二人がかりでチームワークを駆使し、ウィスキーをミンチマシンに放り込み、ただのひき肉になったウィスキーを見て微笑むのだった。

めでたし、めでたし。
ぼく「え、なにこいつら……(ドン引き)」

戦いに勝利した主人公たちが、こんなにも悪役に見える映画があっただろうか?

それまで感じていた違和感を「そういうノリの映画だ」と思って我慢していたものも決壊し、あとはもう引きすぎてエピローグとか全然頭に入りませんでした。
黒人のジンジャーがステイツマンになった? いや、お前が変なこと言うからマーリン感化されて現場に出た挙句死んじゃったよ!しかもエグジーの単なる不注意でな! 地雷探知機の意味!!!

だいたいステイツマン、お前らウィスキーとだって長かったろ。すっかり忘れてテキーラの麻薬はお咎め無しか!!

お咎め無しと言えばあの大統領の広報官はどの面下げて大統領糾弾してんの?
理由はどうあれ、あの症状が出た人はみんな麻薬やってなんだからお縄じゃなきゃおかしいじゃん! 職権乱用して自分の罪はもみ消したんですかそーですか。

結局、悪の勝ち?

麻薬をやった人にも人権はある。救われるべきだ。

麻薬をやっても広報官やテキーラやクソ女王は無罪放免ですか。するとあのスタジアムに隔離されてた人も全員無罪放免ですよね。

つまり麻薬をやってもOK。麻薬は合法ってことだね。

めでたく悪役の目標「麻薬合法化」達成?

なんだ、結局キングスマン達のやったことって何の意味もないじゃん。テーマとか考えずに、マイケル・ベイの映画みたく、かっこよきゃいいんだよみたいなノリで見るべきなの? それにしちゃ現実の皮肉みたいな要素えらい入れてくるしなぁ。

あれもこれも気になり出す

最後でひっかかると、なんとか我慢してた違和感もどんどん気になってきますね。

  • 幻覚見るようなハリーが急にスパイだとか言って仲間撃つのにはついていけなかった。「見せてくれ」と「過失で瓶を割ってしまった」ぐらいではなぁ。しかも後者は仲間を助けるためという動機が一応あるのでそれを疑うのがまた感じ悪い。その後も、ハリーだから撃っても仕方ない、無かった事にしようみたいに進むのは理解できないし。ステイツマンの人達は怒らないの?
    最後に後付で実は裏切ってたとか言われても、頭打たれたりミンチにされるほど酷いことした?
  • 頭撃たれても平気な設定はいいけどさ、代償に記憶を取り戻すのは難しい事にしたんじゃないの? ハリーは苦労したのに、ウィスキーは写真で一発! 雑!!
  • ハリーもハリーでポンコツになっちゃった。バーのシーンでポンコツだったのは笑えたけど、その後もグダグダ幻覚見てるのはテンポ悪くない?
  • 医療用はともかく、麻薬はだめじゃん。それが無罪放免ってどういうこと? ってか女王、犬がいるのに麻薬とかもう万死なんですけど。
  • 犬といえばさ、ペットなんか死んだら次飼えばいっしょみたいなのも僕すごく嫌い。海外って犬をプレゼントに持ってくる文化あるよね。あれほんと理解できない。家族なんだから。養子をプレゼントみたいなもんですよ……? ペットをナチュラルに見下してる感じすごい。
  • 結局この映画で良かったのってやっぱりアクション。ウィスキーの無双が全て。それが最後にミンチじゃ台無しだよ……
  • エルトン・ジョンは出落ちすぎる。出過ぎ。しつこい。笑えない。
  • ってかテキーラ要らなくない? チャニング・テイタムは好きだけど。

魅力のあるキャラが全滅

前作でとにかくかっこ良かったハリー、幻覚を見ながらいきなり仲間の頭を打つポンコツになっちゃったし、エグジーは彼女が出来たことで前作にもましてナヨナヨしたダサいキャラになっちゃいました。正しい行動のはずなんですが、やっぱりこういうバリバリのスパイアクションでいちいち彼女に許可取るとか、誠実を通り越してダサイっすね。それが犬がいるのに麻薬やるようなクズ女相手じゃなおさらダサイ。怖気づいて彼女に電話するぐらいならなぜ下の穴でいいのか確認したんだ…… 本気でセックスしたくて任務だからって許してもらう気だったのか? それはダサいじゃなくてキモい。だいたい、彼女の写真見て傷心だったのに急にハリーんとこに行ったから、彼女より仲間だって描写かと思った。
ロキシーもマーリンも死んじゃったし、ひょっとしたら前作のハリー以上にかっこよかったウィスキーもミンチ。

こりゃあもう三作目は無理ですねえ。イグジーとハリーが出てきたところで「ウィスキーをミンチにした極悪人でしょ」という気持ちにしかならない。

前作の悪い部分だけ強調したような……

前作も根本的には同じノリながら、キャラクターの魅力やアクションで特に考えずに楽しめるところまで昇華してたと思うんですよね。それが悪い面だけパワーアップして帰ってきた感じだったと思います。

はー、残念だなぁ。

でもまあ、あんまりキャラクターに感情移入せずに、何も考えずアクションだけ見れば、相変わらずとってもかっこ良い映画でした。冒頭の車の中での縦横無尽なカメラワークとか、ウィスキーのリボルバーならではのガンアクションは一見の価値ありですよね。個人的には、リベリオンと並ぶクラスの「ガンアクションにおいてのマストウォッチ映画」に入ると思います!
最後のジェダイみたいに、なんかもう全体的にどうしようもない……って感じではなかったです。

あと、ハリーが記憶を取り戻すシーン、X-MEN ファーストクラスの”Rage and Serenity”のスコアが使われてましたね。ファーストクラスはX-MENの中でも一番好きな映画で、マグニートーが超活躍するシーンで流れる曲なので、嬉しくなっちゃいました。

てか、同じ監督の作品なのになぜゴールデンサークルはこんな事に……
あとゲーム・オブ・スローンズといい、ペドロ・パスカルは何故毎回あんなひどい目に。かっこいいのに……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありませんし、空欄で大丈夫です。っていうかコメント以外空欄で良いです。気軽にコメントして下さい。
Email won't be published. Or you can leave it blank. I mean you can leave everything blank but comment. Feel free to leave a comment, thanks.