完全自作キーボードへの道5:3Dでキーボードケース製作編

Arduinoを使って着々と中身の作り方を勉強しているのですが、ブレッドボードにむき出しの配線で「自作キーボードです」と言い張るわけにもいかず、本体のケースが必要になります。少なくともGherkin 30 key Keyboardのような、サンドイッチ構造のプレートは欲しいです。

 
自作キーボード界隈の天才の方達を見ると、とても器用にこしらえているようです。例えば当「完全自作キーボードへの道」で教科書とさせていただいているゆかり氏。

 
そして、toki氏のBatkeys。両者ともに3Dプリンタでユニークな筐体になっています。

 
 
3Dプリント…… これも自分にとってはArduinoと同様、話題になっているのを傍に一切やったことがありませんでした。挑戦するいい機会ですね!

3D プリントの世界はよく知りませんが、兎にも角にも3Dモデルを作らなければならないこと。そして3Dモデルさえあれば、DMM.makeなどで出力しくれるということぐらいはニュースで聞いています。

■3Dソフト
出力は頼めばやってくれるにしても、3Dモデルは自分で作る必要があります。ソフトは何を使えばいいのか…… Shadeをちょっと触ったことがありますが、それこそ10年以上前です。一括りに3Dソフトと言ってもレンダリングと3Dプリントでは違うのでしょうし、3Dプリントについてもフィギュアのような有機的なものと、今回目指すキーボードケースのようなCADっぽいものがあると思います。ちょっと調べてみました。まだ勝手が全然わからないので、無償で使えるものを探してみます。3Dソフトをある程度わかってきたら有償ソフトにもステップアップしたいなと。

 
Shade 3D
歴史の長い国産3Dソフトですね。細々と(?)毎年バージョンアップを続けており、近年しっかりと3Dプリントへの対応も強化しているというのも認識していました。自由曲面モデリングとか、*+-付けてブーリアンとか懐かしいのでまた使ってみたいのですが、有料なので今回はパス。

https://shade3d.jp/

 
123D Design
DMM.makeで3D CADソフトとしてチュートリアル動画が用意されており、無償で使える。いいじゃん!と思ったんですが、今年頭に提供が終了しているようでした。後継はTinkercadというものらしいのですが、WEBブラウザベースというのは抵抗ありますね……

 
SketchUp
Googleが買収して無償になったときにちょっと触って、サクサク家が作れるのに感動しました。

https://www.sketchup.com/ja

 
blender
知識として知っていたのは無料だけどモデリング、レンダリング、アニメーション、ゲーム開発となんでも出来る。そして、操作体系にすごくクセがある。
さらに今回調べたところ、3Dソフトの中では具体的な数値メインで操作しやすそう、3Dプリント形式のSTLファイルの出力も簡単ということで、今回はとりあえずこれを使うことにしました!

https://www.blender.org/

 
六角大王
おおぉー。まだちゃんとあるんだ! しかも今はクリスタのセルシスとは。子供の頃遊んでたなぁ。六角大王とDOGA-L世代(笑)

https://www.clip-studio.com/clip_site/download/rokkaku/rokkaku_top

■3Dプリントサービス
他にもあるようですが、DMM.makeが国内最大手で料金面も有利らしい。世界ではShapewaysが最大手で、料金はさらにリーズナブルなんだけど、送料が高くついてしまう模様。とりあえずはDMMでやってみます。
ちなみにどちらもマーケットプレイスを兼ねていて、ShapewaysではCherry MX互換のキーキャップや関連アクセサリたくさんありますね!

DMM.make 3D Print
https://make.dmm.com/print/

Shapeways
https://www.shapeways.com/

というわけで、Blenderで作ってDMM.makeで出力してもらうことに決めました。早速Blenderを勉強してみます。
しかし、自作キーボード界隈の人は電子工作スキル、3Dモデリングスキル、そして情報収集の英語スキルがディフォなんでしょうか。いずれのスキルも持ち合わせない自分にはなかなかハードルの高い世界であります。頑張ろ……

これまでの完全自作キーボードへの道はこちらです。
http://romly.com/archives/tag/build-my-own-keyboard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありませんし、空欄で大丈夫です。っていうかコメント以外空欄で良いです。気軽にコメントして下さい。
Email won't be published. Or you can leave it blank. I mean you can leave everything blank but comment. Feel free to leave a comment, thanks.