Windows7で、Cドライブのルートに作ったファイルがエクスプローラーから見えない

互換性ファイル

確かにCドライブのルートに保存したはずなのに、エクスプローラでは何も無いことになっていて焦りました。

結論から言うと、おなじみ「互換性ファイル」の問題です。古いプログラムがProgram Filesの下にファイルを保存すると、ユーザーディレクトリのVirtualStoreに保存されてしまうというあれです。Cドライブのルートも対象なんですね。

プログラムが C:\ に保存したファイルは、C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\VirtualStore に保存されてました。

ちなみに、エクスプローラで C:\ を表示しておいてツールバーの「互換性ファイル」からジャンプすることができます。こっちの方が便利ですね。

古いプログラムのファイル選択ダイアログでは間違い無く存在し、エクスプローラには表示されず、容量は食っているという亡霊のようなファイルになっちゃうんでとても迷惑です……

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありませんし、空欄で大丈夫です。っていうかコメント以外空欄で良いです。気軽にコメントして下さい。
Email won't be published. Or you can leave it blank. I mean you can leave everything blank but comment. Feel free to leave a comment, thanks.