閉じる

UI言語[UI Language]

記事自体は翻訳されません! 記事によって英語版があったりなかったりします。翻訳がある記事は文頭に記載があるよ!
Each articles themselves will not be translated by this setting. Some of article has translation and some of them doesn't. You will notice if the article has its translation by its preamble!

テーマ[Theme]


アイキャッチ画像

FlashDevelopでフォントを埋め込むには

5年以上経ってる事を念頭に置いて読んでね!
あのイーハトーヴォのすきとおった風
あのイーハトーヴォのすきとおった風

検索すると情報がありすぎてよくわからなかったんですが、コンパイラがFlex4以降の場合、embedAsCFFを指定するのがカギみたいです。TextFieldで使用するつもりだったので、CFFで埋め込む必要はないと思い、embedAsCFFを省略していたんですが、省略するのはfalseを指定するのと同義ではないようで、TextFieldで使うにしても必ず embedAsCFF='false'を記述しないとダメでした。

フォントファイルをプロジェクトのルートに置き、下記のコードでちゃんと表示されました。

[Embed(source = "../ipamp.ttf", fontName = "ipamp", mimeType="application/x-font-truetype", embedAsCFF='false')]
private var myFont:Class;

上記ではsrcディレクトリのルートにあるソースコードなので、sourceの指定が親ディレクトリ=プロジェクトのルートの../になっています。

var fmt:TextFormat = new TextFormat();
fmt.size = 20;
fmt.font = "ipamp";
var label:TextField = new TextField();
label.embedFonts = true;
label.defaultTextFormat = fmt;
label.text = "あのイーハトーヴォのすきとおった風";
addChild(label);

この記事のタグ[This article is filed under]: アドビ[Adobe] | 開発[Dev] | Adobe Flash[Adobe Flash] | FlashDevelop[FlashDevelop] | ハウツー[How to] | Font[Font]


この記事はここで終わりです。
読んでいただきありがとうございました。
良かったらシェアしてね!

That's all for this article. Thank you for your reading.
Please share this if you like it!

Twitter | Reddit | Facebook | Pinterest | Pocket

前の記事[Prev Post]

前の記事のアイキャッチ画像

プログラミングに使えると思うフォント ベスト8

次の記事[Next Post]

次の記事のアイキャッチ画像

Optimus Padのドライバ(android_winusb.inf)